ブログカテゴリ:症状



胃の横、肋骨の所が痛むと来院。痛みは常にじゃなくて何かの動作の時、アザのような痛み方と。 病院で検査は受けたけど特に異常なし。当院に体調が悪い時や健康維持で来院がある方なので、お話しをしながら状態を確認と施術していきました。
季節が春に変わりはじめる2月後半から3月に「眠い」「だるい」などの症状が出やすい。「眠さ」「だるさ」身体のメッセージ、回復させる為に十分な休息を欲しがっている。 整体で全身を弛めて血流を良くして整えると回復が早くなり「眠さ」「だるさ」の解消に役立ちます。身体の声を無視すると大きな不調となってしまう 場合があるので、休息、入浴、整体で身体の健康状態を引き上げてください。
お友達の紹介で来院。ぎっくり腰をして整形外科に行ったけど、1週間、全く痛みが変わらず、旅行を控えておりキャンセルしようかと…数回の施術で劇的な変化に大変喜ばれ、無事に旅行も行かれました。
お母様からの紹介で大宮区から来院。右の肩から腕にシビレが出て、整形外科や脳外科で検査をして異常なし。肩凝りでしょうと診断だそうです。1週間以上改善する気配がなし。1回の整体でもかなり改善。2回目を受けられました。
当院には様々な不調で来院されます。肩凝り・腰痛・首痛・背中痛・ひざ痛などなど痛む場所・不調部位は違えど 、全ては「ゆるめる」ことから始まります。「ゆるめる」「ゆるみきる」「ゆるませきれる」。身体の深部をゆるめる事が出来れば多くの不調や痛みは改善されていきます。
五十肩で来院の方。整形外科のリハビリにも通われている方で一向に良くならないと来院。3日間連続施術で可動域が広く。リハビリの先生も「ずいぶん動くようになりましたね!」と驚かれたようです。どんな症状でも最初の3日間は重要!ゆるむきっかけが出来れば、後は徐々に改善してきます。
整形外科を3ヵ所も回られて、でも、なかなか良くならない肩関節周囲炎(五十肩・四十肩)。探されて当院へ。病院のリハビリが効いていいて可動範囲は広いが一部可動制限が…痛みが少なく気持ち良い施術で少しずつ可動範囲を広がっていってます。
四十肩・五十肩で来院は多いのです。今回は秩父から、しかも行田で良いと噂を聞いて来られたそうです。長い期間、我慢して、寝ている時も痛く、さすがに限界を感じて来られたそうです。ガチガチに肩回りが固まっている。四十肩・五十肩の例を紹介。
台風や雨降り前に不調となる。理由は気圧の変化。気圧が下がると身体が膨張…対策法は?整体も有効?自立神経が関係?改善には血流がカギです。血流を良くする。自律神経の機能アップする。整体で変わる!?
梅雨時期は、五十肩・四十肩もなりやすい。痛みを我慢してしまう人が多いけど、痛みが出て直ぐに対処が早期回復のポイント!理由は湿邪、低気圧、冷え…対処方法と整体が有効な理由。現在、来院中の事例も紹介。

さらに表示する