来院された方の症状と施術方法

7ヵ月前に腰痛になり、整形外科に行ったけど良くならず、今は慢性腰痛に。 どうにか良くしたくて。川越から来院されました。お仕事が介護職という事も有り、なかなか良くならないようです。お話しを聞くと、どうやら腰だけの問題ではなさそうなので、腰を中心に全身を施術。部分的な施術より全身が大事!施術後は身体が軽くなったと喜こばれていました。
当院の自慢(笑)。特徴に遠方からの来院があります。久喜、岩槻、加須、さいたま市、北本市などなど。 30分以上、場合によって寄っては、もっと時間を掛けて。中には渋谷区からも、まあ、この方は引っ越されてしまったけど、わざわざ休みの日に来てくださる。わざわざ来てくださる理由の一番は施術力。だから、ご家族紹介が多い。何かご家族は身体の事で困ると「ゆるり」に行ってきなとなる。施術は気持ちよいだけじゃyなく。効果もしっかり分かる。他院で変わらなっ方方も、効果を実感してくださる事が多い。 身体の事でお悩みなら、是非一度、ご自身で体感しに来てくださいね。 お待ちしています。
他の整体院、鍼灸、接骨院などをめぐり良くならず、少し遠いけどと当院に来院されました。肩の痛みが強く、夜も何回も起きてしまう。初回終わった翌日も来院、久々に良く寝れたと喜びの声を頂きました。痛みはまだあるものの1回の施術でもかなり軽減できたようです。しばらく定期的に通われていきます。
梅雨時期、首コリ・肩こり・腰痛などが悪化する方が多いです。それは「湿邪」が関係している。中医学では、湿気、ジメジメが過ぎると身体に悪いと考えられている。そう、梅雨では湿邪によりコリが強くなる。対策は色々ありますが、手っ取り早いのは「整体」です。整体の中でも中国式(推拿)です。筋肉をほぐす、ゆるめる、関節もゆるめる、ツボを刺激して体の内側から改善する。当院にもいつもより調子が悪いと来られる方が多いです。
ギックリ腰の時は一般的には安静。でも、当院なら痛めた当日から施術します。今回、奥さんが以前にぎっくり腰で来院させたことがある方の旦那さんが、駆け込んで来られました。痛くて座ってられない。足に力が入れないと足を引きずって来られました。見るからに酷い状態。でも、帰りには、足が上がる。力がはいると普通に歩かれて帰りました。もう一度、来るようにお話ししましたが。帰りの様子では、数日すれば良くなっちゃいそうな感じでしたので、来院はなさそうです。
最近、多い首のトラブルにスマホ首があります。長時間にわたりスマホを見続けている事で起こる首の不調です。下を向いた姿勢で首こりが強くなりストレートネックを引き起こす。首の筋肉の緊張が要因なので、首を弛める事が大切になります。また、緊張した筋肉により引っ張られ頸椎の並びが真っすぐなってしまいます。ゆるめて整える。この2つを行う事で緩和・改善する事ができます。ゆるめる、整えるが得意なのが整体です。
なかなか疲れが取れない。疲れが蓄積している。という事ありますね。色々試しても本調子でない。調子が出ない。そんな時は、是非「整体」を試してください。当院にも疲労回復、全身疲労で来院される方が多数います。肩が痛い、腰が痛い、どこかが痛いだけじゃないんです。整体は身体を本来の状態に戻す力があります。疲れを取るのにもとても効果が高い。
異常気象で寒暖差が激しくなっていますね。寒暖差疲労という言葉も聞くようになりました。気温差が激しいと身体の調整機能が追い付かず様々な不調に繋がります。不調の予防改善のポイントは血流です。整体は全身の筋肉などを弛めて整える事で血流を良くし、自律神経の働きの正常化、体温の上昇の効果によって気温差ストレス、寒暖差疲労なのにも有効。
精神的なストレスで寝れなくなったと来院された方です。前回、来院され、その後数日は寝れたようです。しかし、また寝れないと来院です。ストレスの原因の出来事をまだ引きずっているようでした。時間が解決すると思われますが、それまで寝れないと身体を悪くしてしまいます。ご本人も辛いようなので、少しでも早く寝れるようになるために2度目の来院です。
5月に良くある症状として「5月病」。最近は気候変動で4月、5月、6月と同じような症状が…だるい、重い、調子が悪い、やる気が出ない、何もしたくない、起きれない、会社に行きたくない、学校に行きたくない…精神的なものと肉体的なものがリンクしています。何をどうすれば楽になるのか?整体は有効!?

さらに表示する